姿勢・うごき・コンディショニング・スポーツトレーナー・健康運動指導・パーソナルトレーナー養成【フィットネス総合研究所(愛知県犬山市)】


 
 ご好評いただきまして、本当にありがとうございます。

   ■土屋 真人の本
    
    
秀和システム
    スポーツ・健康づくりの指導に役立つ姿勢と動きの「なぜ」がわかる本

    
※ご購入を希望される場合は、上記、本の「題名」をクリックしていただくと、「アマゾン」
      からご注文できます。よろしくお願い申し上げます。





 オリジナル書籍、教材のご案内



 「からだ・うごき塾テキスト 第3版」NEW!NEW!2015年2月出版!!
     
 
   
姿勢・うごきをみる目を養う入門書
25年以上続く指導者向け講習、大学の講義から生まれた本

【主な内容】
 骨、各部の基本運動、まず最初に習得すべき主要な筋が
わかりやすく整理されています。 中でも「骨盤に付着する
30の筋」
について起始・停止が近づく動き・姿勢と遠ざかる
動き・姿勢が豊富な画像イラストでわかりやすくまとめられ
ています。さらに「上肢帯と上腕の18の筋」、骨盤に付着す
る筋について、柔軟性をみるものさし(基準)、柔軟性が低下
した人の特徴、チェック法が掲載
されています。※第3版で
はさらに「下腿の12筋」、セレクト「足部筋」、他なども掲載、
柔軟性が低下した人の特徴もよりわかりやすくなればと大
幅に変更を加えました。

 習熟度のチェック・確認のための章もありますので、上手
に使って、レベルアップにお役立て下さい。 
 
定価5,184円
(本体4,800円+税384円)
A4サイズ 272ページ



□会員特典価格10%OFF
(本物塾受講中の方、ゴールド会員、マスター・Gマス
ター会員の方対象)
→4,666円
(本体4,320円+税346円)
※送料サービス 0円です




・荷造送料(税込):1冊(200円)、 2冊(500円)です。3冊以上の送料はお問合せください。
・ご注文後、確認の自動返信メールが送付されます。その後、発送準備が整いましたら、送料も含めました商品代金をお知らせいたしますの
 で、8日以内に下記口座まで商品代金のお振込をお願いいたします(手数料別途必要)。お振込確認後、通常3日以内に商品を発送いたし
 ます。

 ■お振込先: 三菱東京UFJ銀行 犬山支店 (普)0135961  (株)DOU (ディー・オー・ユー)




「姿勢・うごきをみるためのヒントシリーズ」
                                             (「からだ・うごき塾テキストがよくわかる“虎の巻”シリーズ」)
 
 
詳しいご案内、
各巻の目次・内容はこちらをクリック


ハイレベル運動指導者・

トレーナー

 になるための効率的な

学び方が

とってもよく わかる本



(現在 全11冊) → 短期間で、真剣にレベルアップしたい方だけに
おすすめします!

とにかくわかりやすい
豊富なイラスト画像、大きな文字
 偏り、穴のない指導者・トレーナーになれる
解剖学を現場で使える実践的な形でマスターできる
これをマスターすれば、自然にハイレベルな指導者になれてしまう
他にはない、画期的な本

 1、姿勢・うごきをみるためのヒント(1) 「身体各部の基本運動とそのあらわし方」 A4版 130ページ
 2、姿勢・うごきをみるためのヒント(2) 「筋 と うごき・姿勢・骨の配列のとらえ方」 A4版 133ページ
 3、姿勢・うごきをみるためのヒント(3) 「脊柱・骨盤と立位姿勢」 A4版 129ページ
 4、姿勢・うごきをみるためのヒント(4) 「体幹部の屈曲・伸展に作用する筋  腹直筋 と 脊柱起立筋から」 A4版 112ページ
 5、姿勢・うごきをみるためのヒント(5) 「股関節の屈曲・伸展に作用する筋@ 腸腰筋 と 大殿筋から」 A4版 121ページ
 6、姿勢・うごきをみるためのヒント(6) 「股関節の屈曲・伸展に作用する筋A 大腿直筋・縫工筋 と ハムストリングスから」 
                                                                     A4版 131ページ
 7、姿勢・うごきをみるためのヒント(7) 「股関節の外転・内転に作用する筋  中殿筋・大腿筋膜張筋 と 大腿内転筋群から」 
                                                                     A4版 130ページ
 8、姿勢・うごきをみるためのヒント(8) 「股関節の外旋・内旋に作用する筋  深層外旋六筋 と 小殿筋から」 A4版 130ページ
 9、姿勢・うごきをみるためのヒント(9) 「体幹部の側屈・回旋に作用する筋と広背筋  腹部・背部の深層筋 と 広背筋から」
                                                                       A4版 132ページ
NEW!NEW!第10巻(2016.6出版)
10、姿勢・うごきをみるためのヒント(10) 「たった13のうごき(ポーズ)で、骨盤につく30筋あたりのこわばりを短時間でチェックする方法」
                                                                       A4版 142ページ
11、姿勢・うごきをみるためのヒント(11) 「体軸性骨格から上肢帯につく筋  主として上肢帯をうごかす6つのj筋から」 
                                                                       A4版 139ページ
 詳しいご案内、各巻の目次・内容はこちらをクリック

※姿勢・うごきをみるためのヒント、(12)、(13)、(14)は今後出版される予定です。
※各巻 表:ブルークリアー、裏:ブルー表紙、強力ホッチキスと背面のりとじ、片面モノクロ印刷です。

定価 各巻 3,780円 (本体3,500円+税280円)  
【会員特典価格10%OFF→3,402円(本体3,150円+税252円】
(会員の方は、送料サービスです)。
※本物塾受講中の方、ゴールド会員、マスター・Gマスター
 会員の方対象です。


・荷造送料(税込):1冊(200円)、 2冊(500円)、3〜10冊【800円〜1,200
円】です。3冊以上の送料は地域により異なります。詳細はお尋ねください。

・ご注文後に確認の自動返信メールが送付されます。その後、商品発送準備が
 整いましたら、送料も含めました商品代金をお知らせいたしますので、ご確認
 の上、8日以内に下記口座まで商品代金のご入金をお願いいたします(手数
 料別途必要)。
 
■お振込先: 三菱東京UFJ銀行 犬山支店 (普)0135961
         (株)DOU (ディー・オー・ユー)

・お振込確認後、通常5日以内に商品を発送いたします。


(11冊セットでご購入の場合は、一般価格15%OFFに
なります)。

  ハイレベル運動指導者

    ・トレーナー 


   になるためには、


 何を勉強すれば いいの? 

  
  ・・・その答えが、

      カタチになりました





 「姿勢・うごきをみるためのヒントシリーズ」 少し詳しいご案内 
                                             (「からだ・うごき塾テキストがよくわかる“虎の巻”シリーズ」)

ハイレベル運動指導者・トレーナーになるための 

 効率的な学び方がとってもよく わかる本


 一度は勉強した人も、必ず目からウロコが落ちると評判です。

 「現場でつかえる解剖学って、こうゆうことだったのか!」と納得と感動の声

 「もっと早く、この本に出会っていれば・・・・」という
苦笑い と 「こんな本がほしかった!」という喜びの声

 読者皆さんの声
・画像イラストが多く、文字も大きいので、本当に読みやすいです。スポーツクラブに研修用としておいてあったの
をみて、すぐほしくなりました。(フィットネスインストラクター、T・Sさん)

・とてもわかりやすく素晴らしい教材だと思いました。柔整の学生時代にこの教材に出会えていれば、どんなに
効率的だったことか・・・。非常にわかりやすい教材でファンになりました。
(パーソナルトレーナー・、柔道整復師Y・Yさん)

・スタッフが食い入るように読んでいます。書いてあることを、現場ですぐ使って会員さんに喜んでもらえるので、
勉強しがいがあるようです。お忙しいとは思いますが、「足・足部」の巻を楽しみにしています。
(スポーツクラブ・マネージャー、T・Tさん)

・全部そろえるとまるで「姿勢・うごきをみるための百科事典」のようですね。
現場で疑問に思ったことをすぐ確認
できるのがいいですね。(愛知県中学校選抜代表チーム帯同トレーナー、T・Kさん)

・「土屋さん、これだしちゃったら、みんな“ハイレベル・パーソナルトレーナー”になっちゃうじゃないですか」
(ブログでも紹介された伝説のパーソナルトレーナー、J氏)



 著者より
・約20年、指導者の皆さんや指導者をめざす学生さんがどう学べば、最短距離でレベルアップできるのか・・・・、
そんなことばかり考えてきました。なぜなら、世の中は子供の体力低下から生活習慣病の蔓延、高齢者の介護・健
康問題まで、背景に運動不足という要因を持つ社会的な問題が山積しているので、ハイレベル運動指導者・トレーナ
ーに
たくさんでてきてもらって、大活躍してほしいと思ったからです。

 今までの経験と蓄積から、ハイレベル運動指導者・トレーナーなるためには、何をどの順番で、どのくらいのことを
知っていないといけないのか、逆に「これだけ知っていれば、
自然にハイレベル運動指導者・トレーナーになってしまう
ことを
具体的にまとめ、形にしたのが「姿勢・うごきをみるためのヒントシリーズ」です。

 知識や技能に偏りのない、ハイレベル運動指導者・トレーナーとして活躍するためには、「身体のつくり(
解剖)」の理
解がどうしても必要です。現場ですぐ使える形で
とにかく、わかりやすく、理解することの楽しさとともに、現場で必要
な解剖学を
マスターできるように工夫しました。画像イラストをたくさん使い、文字も大きくして、一冊ごとの量も考えて
あります。


 
医療費が増大し、超高齢化社会となった現代では、「身体のつくり(解剖)」を理解した上での、安全で効果的な運動
習慣を、すべての人が何歳になっても健康で活動的に生活するための
教養として身につける時代だと感じます。


 
そのためには、まず、すべての教育関係者の皆様に、すべての健康づくり指導者の皆様に、すべてのスポーツ指導
者の皆様に、本シリーズをご活用いただけるなら、この上ない幸せに存じます。(著者  土屋 真人)

姿勢・うごきをみるためのヒント@
 「身体各部の基本運動とそのあらわし方」
【内容】
(1)まずははじめに確認していきたいことから、
(2)「頸」「体幹部」の基本運動、
(3)「股」の基本運動、
(4)「膝」「下腿」の基本運動、
(5)「上肢帯(肩甲帯)」の基本運動、
(6)「肩」の基本運動、
(7)「肘」の基本運動、
(8)「前腕」の基本運動、
(9)「手」の基本運動、
(10)「足」「足部」の基本運動、
(11)実際のうごきは「基本運動の複合運動」です
(12)確認の章
A4サイズ 130ページ

【ひとくちメモ】
 上肢帯の屈曲と外転は同じう
ごきです!下腿は、条件つきで
内外旋します!足の回外?内
反?外がえし?・・・こんなこと
を整理し、ちゃんと理解するため
に、みんなどのくらい年月をかけ
るのでしょう・・・。もったいない・
・・。はじめに知っておけば、どれ
ほど効率的か・・・・

姿勢・うごきをみるためのヒントA 
 「筋 と うごき・姿勢・骨の配列のとらえ方」
【内容】
(1)筋のつき方、
(2)「起始部」と「停止部」、
(3)筋収縮の3様態、
(4)主働筋と拮抗筋、
(5)固定筋(安定筋)、
(6)筋と姿勢・骨の配列、
(7)「筋コンディション」、姿勢、骨
の配列と身体の健康状態、
(8)うごき・可動域をみる目安・尺度〜「頸部」編〜、
(9)部分だけでなく全体もみる、
(10)関節がゆるい人の特徴〜身体がやわらかそうにみえ
ても、
(11)確認の章
A4サイズ 133ページ

【ひとくちメモ】
 「筋の柔軟性低下・筋力低下」
と姿勢・骨配列・うごきの関係をこ
う考えれば、すぐ現場でつかえ
ます・・・、不調箇所はは直接触
らずによくする
身体は柔らかけ
れば柔らかいほどよい・・・右肩
上がりの発想からの脱却などな
知っていると姿勢・うごきの
見え方がまるで変わる基本のオ
ンパレードです

 
姿勢・うごきをみるためのヒントB 
 「脊柱・骨盤 と 立位姿勢」
【内容】
(1)脊柱、
(2)骨盤、
@「骨盤」とは、A「骨盤の前傾と後傾」、
Bいろいろな体位での骨盤傾き具合(腰椎部伸展具合)、
(3)「頸・体幹部、股」の関節、
@椎間関節、A肋椎関節など、B胸鎖関節など、C仙腸関
節、D股関節、
(4)立位姿勢、
□立位姿勢5型8タイプ分類法、
(6)脊柱(椎骨の配列)と腰部への負担、
(7)確認の章
A4サイズ 129ページ

【ひとくちメモ】
 身体の中心、脊柱・骨盤につい
てバッチり整理、中でも骨盤の
前傾・後傾の見方、
胸椎の後弯
具と骨盤前傾具合からの立位姿
タイプ分類法、脊柱の形と腰
部への負担
考え方は、姿勢・
うごきを見る目を飛躍的に高める
ことでしょう


姿勢・うごきをみるためのヒントC 
 体幹部の屈曲・伸展に作用する筋  腹直筋 と 脊柱起立筋から」
【内容】
(1)腹直筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、
(2)脊柱起立筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確
認、(3)立位姿勢(骨の配列)と身体への負担、@基本的
な考え方、A立位姿勢(骨の配列)と要因、B立位姿勢
(骨の配列)と体幹部のうごき、C静的な姿勢(骨の配列)
と動的な姿勢(骨の配列)、(4)「立位姿勢(骨の配列)」と
腹直筋と脊柱起立筋の「筋コンディション」、(5)上手に腹
筋を鍛えるために、(6)筋コンディションのみかた、@腹直
筋の柔軟性のみかた、A腹直筋の筋力のみかた、B脊柱
起立筋の柔軟性のみかたC脊柱起立筋の筋力のみかた
(7)うごき・姿勢あそび、(8)確認の章
A4サイズ 112ページ

【ひとくちメモ】
 
このままの状態で、腹筋運動
したら、腹筋に効かないばかりか
、腰を痛めるかも・・・・、そんなこ
とをすぐ判断できる指導者になり
たいですね。静的と動的な骨配
列両方でコンディションを判断す
ることは、基本です。柔軟性と
筋力の見方、重力との関係など
からそれぞれに適した方法があ
ります

姿勢・うごきをみるためのヒントD 
 股関節の屈曲・伸展に作用する筋
〜その1〜  腸腰筋 と 大殿筋から」
【内容】
(1)腸腰筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、
(2)大殿筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、
(3)「立位姿勢(骨の配列)」と腸腰筋と大殿筋の「筋コン
ディション」、(4)股関節屈曲・伸展のうごきと腰部への負
担、(5)腹筋運動(シットアップ)では、なぜ膝をまげるの
か、(6)筋コンディションのみかた、@腸腰筋の柔軟性の
みかた、A腸腰筋の筋力のみかた、B大殿筋の柔軟性の
みかた、C大殿筋の筋力のみかた、(7)うごき・姿勢あそび
(8)確認の章
A4サイズ 121ページ

【ひとくちメモ】
 メタボ、コア、介護予防、子供
の体力低下・・・、いろいろな分野
でポイントとされる腸腰筋、その
作用、柔軟性・筋力の見方を確認
すると、目からウロコが落ちるか
も・・・・。大殿筋は、大腿骨だけで
なく、腸脛靭帯にもついています


姿勢・うごきをみるためのヒントE 
 股関節の屈曲・伸展に作用する筋
〜その2〜  大腿直筋・縫工筋 と ハムストリングスから」
【内容】
(1)大腿直筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認
(2)縫工筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、
(3)大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋(ハムストリングス)、
@起始部と停止部の確認、A作用の確認、(4)「立位姿勢
(骨の配列)」と大腿直筋・ハムストリングスの「筋コンディシ
ョン」、(5)股関節の屈筋・伸筋の「筋コンディション」と腰部
への負担その2、(6)大腿四頭筋の静的ストレッチング習慣
について、(7)筋コンディションのみかた、@大腿直筋の柔
軟性のみかた、A大腿四頭筋の筋力のみかた、B縫工筋
の柔軟性のみかた、C縫工筋の筋力のみかた、Dハムス
トリングスの柔軟性のみかた、Eハムストリングスの筋力の
みかた、(7)うごき・姿勢あそび、(8)確認の章
A4サイズ 131ページ

【ひとくちメモ】
 大腿四頭筋のうち大腿直筋だけ
が股関節をまたいで骨盤について
います、大腿直筋だけが直接骨
盤傾き具合(腰部の状態)に影響
を与えるということです、大腿直筋
は膝を曲げると、ストレッチされま
すが、縫工筋はゆるみます、ハム
ストリングスも含めた筋コンディシ
ョンとうごきの特徴、腰部にかかる
負担との関係を整理しておきまし
ょう

姿勢・うごきをみるためのヒントF 
 股関節の外転・内転に作用する筋
  中殿筋・大腿筋膜張筋 と 大腿内転筋群から」
【内容】
(1)中殿筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、
(2)大腿筋膜張筋、@起始部と停止部の確認、A作用の
確認、(3)恥骨筋、短内転筋、長内転筋、大内転筋、薄筋
(大腿内転筋群)、@起始部と停止部の確認、A支配神経
の確認、B作用の確認、(4)「股関節外転」の確認、(5)
「立位姿勢(骨盤の前傾具合)」と大腿筋膜張筋・大腿内転
筋群の「筋コンディション」、(6)「姿勢(前頭面の骨配列)」
と「股関節外転・内転」作用を持つ筋の「筋コンディション」、
(7)筋コンディションのみかた、@中殿筋の柔軟性のみか
た、A中殿筋の筋力のみかた、B大腿筋膜張筋の柔軟性
のみかた、C大腿筋膜張筋の筋力のみかた、D大腿内転
筋群の柔軟性のみかた、E大腿内転筋群の筋力のみかた
、(8)うごき・姿勢あそび、(9)確認の章
A4サイズ 130ページ

【ひとくちメモ】
 
中殿筋の作用は、股関節の外
転ですが、もっと身近で大切な
理解の仕方があるのです!知っ
てほしい〜、同じ股関節外転筋
である大腿筋膜張筋との作用の
違いは?中殿筋と大腿筋膜張筋
の柔軟性チェックの仕方は必見
です、大腿内転筋群のうち薄筋
だけが膝関節をまたいで脛骨に
ついています、だから運動指導
では・・・・


姿勢・うごきをみるためのヒントG 
 股関節の外旋・内旋に作用する筋  深層外旋六筋 と 小殿筋から」
【内容】
(1)深層外旋六筋、@起始部と停止部の確認、A作用の
確認、
(2)小殿筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、
(3)「深層外旋六筋」「小殿筋」位置の確認、
(4)「仰臥位」「伏臥位」【姿勢(骨の配列)】と「深層外旋六
筋」「小殿筋」の筋コンディション、
(5)立位姿勢(骨の配列)と「深層外旋六筋」「小殿筋」の筋
コンディション、
(6)座り方の習慣と立位姿勢(骨の配列)、関節可動域、
(7)筋コンディションのみかた、@深層外旋六筋の柔軟性
のみかた、A深層外旋六筋の筋力のみかた、B小殿筋の
柔軟性のみかた、C小殿筋の筋力のみかた、
(8)うごき・姿勢あそび、
(9)確認の章
 
A4サイズ 130ページ

【ひとくちメモ】
 
深層外旋六筋は仙腸関節のコ
ンディション、坐骨神経とも関係
がある大切なポイントです、ラン
ドマークと位置の確認をしておき
ましょう、深層外旋六筋と小殿筋
の筋コンディションと立位姿勢の
関係とは、いろいろな座り方の習
慣とうごきとの関係、身体への負
担の関係とは、いくらトレーニング
しても、座り方の習慣がよくない
と・・・・


姿勢・うごきをみるためのヒントH 
 体幹部の側屈・回旋に作用する筋と広背筋  腹部・背部の深層筋 と 広背筋」
【内容】
(1)腹部の筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、
(2)背部の筋、@背部の筋まとめ、A作用の確認、(3)広背
筋、@起始部と停止部の確認、A作用の確認、(4)「立位姿
勢(骨の配列)」と「体幹部側屈・回旋」作用を持つ筋の「筋コ
ンディション」、(5)体幹深層筋、(6)「体幹部回旋」動作、
(7)「体幹部側屈」動作、(8)筋コンディションのみかた、@
外腹斜筋、内腹斜筋の柔軟性のみかた(、A外腹斜筋、内
腹斜筋の筋力のみかた、B腹横筋の筋コンディションのみ
かた、C腰方形筋の筋コンディションみかた、D広背筋の
柔軟性のみかた、E広背筋の筋力のみかた、(9)うごき・姿
勢あそび、(10)確認の章 
A4サイズ 132ページ

【ひとくちメモ】
 腹部の筋、背部の筋の多層構
造、コア・体幹部の深層筋もこれ
でバッチリ確認できます、呼吸と
体幹部深層筋の働き、立位姿勢
での体幹側屈のやり方・右に曲
げる時、身体に負担をかけない
ためには、右足?左足・どちらに
体重をかける?体幹部から上腕
骨につく唯一の筋・広背筋と腰部
のコンディションの関係は?

姿勢・うごきをみるためのヒントI
「たった13のうごき(ポーズ)で、骨盤につく30筋あたりのこわばりを短時間でチェックする方法」
  
 画像はありません  【内容】
第1章 厳選13のうごき(ポーズ)

第2章 13のうごき(ポーズ)でみる「骨盤につく30筋」の
     こわばり&立位姿勢

第3章 みる目安(基準)

第4章 シュミレーション

こたえ
 A4サイズ 142ページ

【ひとくちメモ】
 たった13のうごき(ポーズ)で
骨盤につく30筋+αがすべて
チェックできてしまうのです!
現場でそのまま、すぐ使えるこの
方法を学ぶと「姿勢・うごきをみる
目」を一層高めてくれることはもち
ろん、これを技能として習得すれ
ば、一生使える財産となるでしょ
う。

姿勢・うごきをみるためのヒントJ 
 体軸性骨格から上肢帯につく筋  主として上肢帯をうごかす6つの筋から」
【内容】
(1)確認事項@上肢帯とは、A鎖骨がつくる関節、B肩甲
骨と上腕骨の連動、C“上肢”の認識、D上肢帯の基本運
動、E「肩関節」の認識 、「狭義の肩関節」と「広義の肩関
節」、「肩関節」のとらえ方、(2)主として上肢帯をうごかす6
つの筋(僧帽筋、肩甲挙筋、菱形筋、前鋸筋、鎖骨下筋、
小胸筋)、@起始部と停止部、主な作用の確認、
(3)上肢帯のランドマークと各部位の確認、(4)身体の連
動、@「骨盤の傾き(体幹部)」と「上肢帯」の連動、A上肢
帯と頚部の連動、(5)筋コンディションのみかた、@立位姿
勢からわかること、「上肢帯を挙上する筋」が低下した人の
特徴、「上肢帯を外転する筋」の柔軟性が低下した人の特
徴、【「上肢帯を内転する筋」(菱形筋、僧帽筋)の筋力が低
下した人の特徴】、Aうごきからわかること、(6)上肢帯をう
ごかすエクササイズ、(7)確認の章
A4サイズ 139ページ

【ひとくちメモ】
 そもそも“上肢”とは、どこのこ
とでしょう?しっかり確認しておき
たい「肩のうごき」のメカニズム、
プロは、「肩関節」は5つあると認
識してます、目からウロコの人体
連動のしくみ、骨盤ー上肢帯ー
頚部・・・、頚部・肩部・腕部に不
調がでやすい人の立位姿勢の
特徴とは、うごきから上肢帯につ
く6つの筋のコンディションを判断
する方法、上肢帯をうごかすエク
ササイズは必見です。


 
 従来、指導者みなさんがいろ
いろな本で、勉強し、長い年月を
かけて整理し、理解してきたこと
を短期間で効率的に学べるように
まとめられた他にはない本です。

 本物のハイレベル運動指導者・
トレーナーは、穴のない解剖理
解の上にしか存在しません。

 本シリーズを活用し、ぜひ、本
物の指導者・トレーナーになって
ください!

このページトップへ | ホームへ


ホーム | 会員のご案内 | スクールのご案内 | 教材・出版物など | 個人指導 | 講演・研修会| NPO法人 |
研究所案内 | 会員特典ページ | 所長プロフィール

うごき・姿勢・からだのおもしろさ・深さを楽しく伝える
ハイレベルコンディショニング・健康運動指導者・パーソナルトレーナー養成

株式会社DOU  フィットネス総合研究所
〒484-0002 愛知県犬山市栗栖637-2
TEL:0568-62-8558 FAX:0568-62-8578 E-mail:info@fgi-jp.jp
Copyright (C) 2009 fitness general institute . All Rights Reserved.